ニューホープ NEW HOPE ガラスクリン 20L 曇り止め 油膜 くもり止め にも 半額品 GC-48-18K 洗浄剤 ウォッシャー液 汚れ 落とし ネット限定

ニューホープ NEW HOPE ガラスクリン 20L 曇り止め 油膜 汚れ 落とし 洗浄剤 くもり止め ウォッシャー液 にも GC-48-18K

5459円 ニューホープ NEW HOPE ガラスクリン 20L 曇り止め 油膜 汚れ 落とし 洗浄剤 くもり止め ウォッシャー液 にも GC-48-18K 自動車、オートバイ メンテナンス 洗車 5459円 ニューホープ NEW HOPE ガラスクリン 20L 曇り止め 油膜 汚れ 落とし 洗浄剤 くもり止め ウォッシャー液 にも GC-48-18K 自動車、オートバイ メンテナンス 洗車 ニューホープ NEW HOPE ガラスクリン 20L 曇り止め 油膜 くもり止め にも GC-48-18K 洗浄剤 ウォッシャー液 汚れ 落とし 【ネット限定】 ニューホープ,汚れ,5459円,にも,ガラスクリン,洗浄剤,曇り止め,NEW,HOPE,GC-48-18K,/cuspidal1981610.html,minibus-hirenewcastle.co.uk,くもり止め,落とし,20L,ウォッシャー液,油膜,自動車、オートバイ , メンテナンス , 洗車 ニューホープ NEW HOPE ガラスクリン 20L 曇り止め 油膜 くもり止め にも GC-48-18K 洗浄剤 ウォッシャー液 汚れ 落とし 【ネット限定】 ニューホープ,汚れ,5459円,にも,ガラスクリン,洗浄剤,曇り止め,NEW,HOPE,GC-48-18K,/cuspidal1981610.html,minibus-hirenewcastle.co.uk,くもり止め,落とし,20L,ウォッシャー液,油膜,自動車、オートバイ , メンテナンス , 洗車

5459円

ニューホープ NEW HOPE ガラスクリン 20L 曇り止め 油膜 汚れ 落とし 洗浄剤 くもり止め ウォッシャー液 にも GC-48-18K


【商品説明】
ガラス洗浄剤。クモリ止め、油膜落とし。3~50倍に薄めてウィンドウォッシャー液としても使用できます。

【注意事項】
◆お客様都合による商品ページ未確認や商品加工後の返品・交換・キャンセルは一切行えません。
◆メーカー発注商品や姉妹店舗との共有在庫商品の場合、
商品により納期にお時間を頂く場合やご注文のタイミングによって欠品となる可能性が御座います。
お急ぎの方は事前に納期確認のご連絡を下さい。
◆交換等での工賃や車両の損害などはいかなる場合も保証対象外となります。
◆必ず加工/取り付け前に動作確認をして下さい。
取付・加工後・脱着工賃・取付時の不備・過失傷害・水漏れ等は保証致しかねます。
◆お客様御自身での取付作業によるいかなる損害も責任を負いかねますのでご了承ください。
◆付属品以外を利用しての取付けは自己責任で行って下さい。
◆お車によっては加工が必要な場合がございます。
◆保証期間は商品発送日から7日間の初期不良のみです。お荷物送り状が保証書の代わりとなります。
◆当店はお取り付けに関するサポートは行なっておりません。技術ある整備工場にてお取付ください。
◆モニターの環境によっては実際の商品と色見などが違う場合が御座います。
◆商品仕様が予告なく変更される場合が御座います。
◆輸入商品の場合は、すれ・傷等がある場合が御座います。
◆海外製商品の場合は、必要に応じてコーキング処理を追加してください。
◆社外品の場合、純正品では御座いませんので完全一致にはなりません。
◆説明書は付属いたしません。
◆車種対応については、グレードや年式によって適合が異なる場合がある為、
必ずご購入前に現車にて形状・スペース・サイズのご確認の上、最終的な判断はお客様でお願いします。
◆商品が到着しましたら、必ず商品内容をご確認ください。
予めご了承下さい。


送料送料無料(※北海道、沖縄、離島は+1000円)
代引き手数料500円
決済方法
・Yahoo!かんたん決済
・代金引換
・銀行振込
同梱についてこちらの商品は同梱可能商品となります。
商品代金について※送料、代金引換手数料に消費税がかかります。

送料:送料無料 (沖縄・離島・一部地域は別途送料加算となります)

ニューホープ NEW HOPE ガラスクリン 20L 曇り止め 油膜 汚れ 落とし 洗浄剤 くもり止め ウォッシャー液 にも GC-48-18K

フィギュア タカラトミー ブロードキャスト トランスフォーマー レジェンズ LG27

先日引退したF-4EJ/EJ改ファントムを含め、航空自衛隊には数々の退役した機体が存在します。 退役後の機体は残念ながら多くがスクラップとして解体されていきますが、一部はゲートガードとして基地に飾られ […]

☆☆▼無し 2L ソネケミファ 麦飯石濃縮液 2L

旅客機としては2006年に日本の空から引退していたYS-11。 衝突防止装置を搭載出来ないことが理由でしたが、自衛隊機ではこの規定が免除されるため、旅客機としては使えなくなったYS-11も引き続き使用 […]

自衛隊が新たに導入する「輸送艦」はどんな船?同クラスの船から推察。

陸上自衛隊が新たに導入すると言われる輸送艦。 現時点では、その所属は未定とされていますが、自衛隊の南西シフト・離島防衛重視を進める上で重要な装備になると言えます。 400トン級及び2000トン級と言わ […]

COGAG?COGLAG?意味が分かると読み解きやすい、護衛艦の複合推進。

護衛艦の主機(海自ではもときと読む)には、現在ガスタービン機関が採用されています。 しかし各護衛艦のスペックを見るとCOGAG、COGLAGと何やらモ○ルスーツかポ○モンかという謎の単語。 しかしこの […]

【雑学】音速で飛ぶ鳥はいない。ステルス機も真っすぐ飛んでると発見される?

航空自衛隊に配備の進むF-35A戦闘機。 レーダーに映りにくい、いわゆる「ステルス戦闘機」ですが、どれだけ優れたステルス戦闘機も完全にレーダーから姿を消せるわけではありません。 今回はステルス機でもレ […]

塗装規則変更で見る、護衛艦・自衛艦のロービジ化

近年、海上自衛隊では従来の艦艇塗装を改め「ロービジ化」と言われる新しい塗装への塗り替えが進められています。 遠距離からの視認性を下げるロービジ化ですが、海上自衛隊内部の規則上はどのように変わっているの […]

1 37